これまでの歩み

1940年(昭和15年) 太田市本町にて株式会社金水舎設立
1951年(昭和26年) 富士産業(現:富士重工業)様より板金部品を受注
太田市で初めてのクランププレス導入
1953年(昭和28年) 株式会社金水社に社名変更
1963年(昭和38年) 工機部門を設立(治具製作開始)
1968年(昭和43年) 株式会社古川製作所に社名変更

【量産部門】
・スバルR2のRシートフレーム受注
・スバル1000のサイドメンバー受注

【設備・治具部門】
・富士重工様から76Tレオーネ/432サニー生産設備受注[サイドストラクチャー・インナーアーム関係]
1979年(昭和54年) 太田西部工業団地へ本社工場を移転

【量産部門】
・溶接ロボット導入(北関東で富士重工業様以外では初めて)
・アイダ・プレスロボットライン導入

【設備・治具部門】
・富士重工業様から62Fレオーネ生産設備大量受注
・松下電器様と取引開始
1988年(昭和63年) 本格的な客先窓口開拓を開始
1989年(平成元年) テクニカルセンター完成
社内報発行
1990年(平成2年) 創立50周年(記念誌発行・記念事業・記念式典実施)
日産自動車・日産ディーゼル工業(現:UDトラックス)・日野自動車・関東自動車・そのサプライヤー様等との取引開始
2000年(平成12年) 【ISO9001】認証取得
【群馬県1社1技術】認定登録
2007年(平成19年) 新田東部工業団地に新田工場完成
2009年(平成21年) 経済産業省より<雇用創出企業1400社>に選定
リーマンショックにより、営業力強化・取引先拡大
東海出張所開設
2010年(平成22年) 創立70周年を迎える
新規事業立ち上げ(自社開発ロボットシステムの販売及びメンテナンス事業等)
量産部門を廃止し治具・設備部門100%となる
2013年(平成25年) 九州営業所開設
2015年(平成27年) 新田第2工場 稼働
2016年(平成28年) 群馬県より「群馬県中小企業モデル工場」に指定される
2017年(平成29年) 「群馬県優良企業表彰 ものづくり部門 大賞」を受賞
経済産業省より「地域未来牽引企業」に選定される
2018年(平成30年) 新田第3工場 完成・稼働
ページの先頭へ