営業技術課 / 2018年入社

福島 麻都花Madoka Fukushima

HOME>社員インタビュー>社員インタビュー3

将来の可能性に期待

父が製造業に携わっている影響からか、幼いころからものづくりに興味がありました。ただ具体的に何を作りたいのか自分のなかで迷う学生時代。そんなときに出会ったのが企業説明会でお話を聞いた古川製作所でした。設計・加工・組み付け・制御までを一貫して行っているという部分に興味を持った私は、入社後の職種のバリエーションに惹かれて入社を決意。まだまだ女性の技術者が少ない業界で不安はありましたが、入社してみると女性の多さに驚きました。年齢の近い女性の先輩は文系出身とのことでしたが、すでに活躍されていて、私の選択は間違いなかったと確信しています。

そばにいてくれる大きな目標

先輩に教わりながらではありますが、今は自動車部品を溶接する治具の部品図や組図を設計しています。自分の描いた図面が立体物となって実際の形になっていくと思うととてもワクワクします。そこがこの仕事の醍醐味であり面白さですね。まだまだできることも少なく、会社に貢献できているとは思えませんが、これからはもっと正確かつ早く仕事を進められるように努力したいと思います。同じ部署内には女性の先輩もいますが、年齢が近いのにすでに活躍されているので、身近に目標となる先輩がいるというのはとても励みになります。

成長できる環境

ほとんどの新入社員と同じく、私も初めから図面を描けたわけではありません。入社後はすべての部署をまわりながらの研修を重ね、その後設計部門に配属されました。どの部署でもそうでしたが、新入社員の私でもわからないところを聞いたりする際、話しかけやすい人が多いし、仕事中も黙々とデスクに向かうのではなく、至るところで頻繁に話し合いをされていて、活発な雰囲気だと感じました。古川製作所はどこか一つのメーカーのロボットシステムだけをつくるというわけではなく、さまざまなメーカーに対応している独立系の会社なので、新しい技術をどんどん取り入れて成長していけるところが魅力ですね。