営業技術課 主任 / 2017年入社

大里 慎Shin Oosato

HOME>社員インタビュー>社員インタビュー2

未来志向の会社

ロボットシステムインテグレーター? 初めは何のことかさっぱりでしたが、業界研究をすればするほど古川製作所のメインフィールドである産業用ロボットの生産システムメーカーという仕事に将来性を感じました。さらに古川製作所は若い社員が多く活躍している職場だと感じ、自分もチャレンジしたいと思い入社を決めました。入社後は先輩に教わりながら指示を受けて仕事を進めるという、どちらかというと「使われる立場」でしたが、今では部下もでき「使う立場」としての意識に変わってきました。日々試行錯誤の連続ですが、その考え方は古川製作所の信念である「使う立場のものづくり」として活かされていると感じます。

立場によって見えてくるもの

今の仕事はプロジェクト全体の管理がメインです。どの項目を優先して行うべきか、その選択に誤りがないかなど、細心の注意を払って仕事を進めています。案件全体を見渡しながら進める工程では、指示を受けて仕事を進めていたときには気付かなかったことが目につくようになりました。例えば業務の効率化。これまで蓄積されたプロジェクトごとの解決策や考え方などの情報にもっとアクセスしやすくすることで得られる恩恵は計り知れないと感じます。今後は会社の成長や社員の負担が軽減できる仕組みづくりに積極的に取り組みたいと考えています。

常に前進する職場

「ディスプレイ上でロボットシステムをゼロから設計、組み上がる過程を観察しながら調整を繰り返し、完成形となってお客様の工場に設置され運用される」ーこのプロセスを間近で見ることができる、これほどやりがいを感じられる職種は多くないと思います。設計・開発から加工・組み立てまで一貫体制だからこそ、一人の力でできることには限りがあります。古川製作所には活気に満ち溢れた先輩が多いので、疑問に思うことがあればその都度相談するんですが、ただ教えてくれるのではなく一緒になって解決策を考えてくれます。常に多くの刺激を受け、自らの成長を実感できる職場だと感じます。