営業技術課 課長 / 2003年入社

中里 剛Takeshi Nakazato

HOME>社員インタビュー>社員インタビュー1

理想の職場環境

大学では機械工学を学んでいたので、自然と将来は設計業に携わりたいと考えていました。もともと出身は自動車産業が盛んな群馬県太田市。就職活動中はいろいろな会社を見学しましたが、やはりメインが製造業ということもあり、良くも悪くもクールな会社が大半でした。そんな中、古川製作所を訪れて驚きました。働く社員の方から次々とあいさつを受け、職場の雰囲気も若々しい。何より人の温かみを感じた会社でした。和気あいあいと仕事をしている空気感も私の理想とする職場イメージに近かったですし、初めて見た溶接設備にも感動し、将来ここでものづくりに携わりたい!と心から思い、入社を決めました。

ものづくりの根幹に関われる醍醐味

入社からずっと設計業務を担当してきましたが、最近は設計案件の管理業務をメインに仕事をしています。営業から新規業務の依頼を受けた後、日程や予算、現場の配置や出荷タイミングを考え、設計担当の部下に指示を出していきます。お客さまとも直接意見交換をしながら出荷までの全行程を管理するので、まさに現場を動かす醍醐味を実感できる魅力ある仕事です。ロボットシステムをつくり上げる仕事は、設計で7〜8割が決まってしまうと言われるほど、設計が重要なファクターとなってきます。私が特に大事にしているのは、お客さまの立場になって考えるということ。そのために一切の妥協も許さず、自分の意思を貫き、ときには他部署にも意見をしながら、良いものづくりが出来るよう心がけています。

社員全員の幸せのために

自分の思い描いたイメージが形になることがこの仕事の面白さではありますが、今では部下もでき、管理職としての自身の立場を強く意識するようになりました。そんな今だからこそ「仕事を通して社員全員が幸せになること」を目標として掲げ、日々自分にできることは何かを探し、実行に移しています。古川製作所は他社のどこよりも作業環境の良い会社です。何か相談事があると上司はもちろん、他部署の方でも自分のことのように考えてくれます。部署間の壁を感じることもない、とてもコミュニケーションの取りやすい職場だと思います。この雰囲気がお客様や協力会社にも伝わるのか、信頼関係の醸成に繋がっていると感じます。